私はどこにいるでしょう? その⑤

2010年11月25日 10:47


  アイタルガボン店内の色んな所にいる動物達、皆さんお気付きですか?
  良く良く店内を見てみると、結構たくさんいるんですよ~。

  ふと、全部の動物達を見付けた方はおられるのかな? と思い、
  ひとつずつ紹介してみることにしました。

  見たことあるのもないのも、ご来店の際には探してみて下さいね~!


  私はどこにいるでしょう? その⑤
  ItalGabon_cafe-goods16 ItalGabon_cafe-goods17

  今回登場するのは、双子の鳥さん達です。
  アヒル...? カモ...? それは分からないけれど、とにかく鳥さんなんです。


  この木でできた鳥さん達の得意技は、自慢のクチバシクリップで紙を パクッ と挟む事。
  それぞれの持ち場で、お客様へのご案内メッセージを パクッ と挟んでらっしゃいます。

  よく見ると、ちょっと無機質な目 ( ←何か怖い... ) がチャームポイントだと思われます。


  今は離れ離れでも、いつか一緒に大きな1枚の紙を パクッ と挟む日を夢見る鳥さん達なのでした。



  私はどこにいるでしょう? その① / その② / その③ / その④


* staff 1号 杏 *

関連記事

私はどこにいるでしょう? その④

2010年11月05日 00:17


  アイタルガボン店内の色んな所にいる動物達、皆さんお気付きですか?
  良く良く店内を見てみると、結構たくさんいるんですよ~。

  ふと、全部の動物達を見付けた方はおられるのかな? と思い、
  ひとつずつ紹介してみることにしました。

  見たことあるのもないのも、ご来店の際には探してみて下さいね~!


  私はどこにいるでしょう? その④
  ItalGabon_cafe-goods14

  鋭い目つきとはウラハラに、気は優しくて力持ち、とっても働き者な木彫りの象さん。
  エキゾチックな香りが プンプン してらっしゃいますね。


  この象さん、自慢の鼻で本を支えるのが得意だったばっかりに、「 こりゃ便利だなぁー♪ 」 と
  ブックエンド代わりにされ、本が並ぶ端っこが定位置になってしまわれました。

  しかし、背中にスライド式の蓋付き小物入れを装備されていることからしても、
  “ ちょっとした小物も入れられる気の利いた置物 ” と言うのが正しい役目なんだと思われます。


  本来なら、玄関の下駄箱の上なんかで ぬくぬく ご活躍される運命だったんでしょうねぇ...。
  アイタルガボンに嫁いだばっかりに、本を支える力仕事を任されるハメに...。

  見付けた方は是非、ねぎらいの気持ちで優しく撫でてやって下さいね~!


  私はどこにいるでしょう? その① / その② / その③

* staff 1号 杏 *

関連記事

私はどこにいるでしょう? その③

2010年10月27日 01:01


  アイタルガボン店内の色んな所にいる動物達、皆さんお気付きですか?
  良く良く店内を見てみると、結構たくさんいるんですよ~。

  ふと、全部の動物達を見付けた方はおられるのかな? と思い、
  ひとつずつ紹介してみることにしました。

  見たことあるのもないのも、ご来店の際には探してみて下さいね~!


  私はどこにいるでしょう? その③
  ItalGabon_cafe-goods13 ItalGabon_cafe-goods12

  この勇ましい後姿、誰だか分かりますか?

  そうです、魔除けとして有名な沖縄の伝説の獣 「 シーサー 」 です。
  アイタルガボンのシーサーは、手乗りサイズで可愛いたたずまい。


  阿吽の一対で仲良く緑に囲まれながら、のどかな中町通りを毎日 じーーーっ と見つめ、
  悪霊退散の機会をうかがっておられますよ。

  お客様の中には同席された方もおられるんじゃないでしょうか?

  見付けた方は、正面から素敵なお顔も見てやって下さいね~♪


  私はどこにいるでしょう? その① / 私はどこにいるでしょう? その②

* staff 1号 杏 *

関連記事

私はどこにいるでしょう? その②

2010年10月20日 01:41


  アイタルガボン店内の色んな所にいる動物達、皆さんお気付きですか?
  良く良く店内を見てみると、結構たくさんいるんですよ~。

  ふと、全部の動物達を見付けた方はおられるのかな? と思い、
  ひとつずつ紹介してみることにしました。

  見たことあるのもないのも、ご来店の際には探してみて下さいね~!


  私はどこにいるでしょう? その②
  ItalGabon_cafe-goods11

  前回の 『 私はどこにいるでしょう? その① 』 とは打って変わって、
  何やらただならぬ形相をしておられますね (笑) 、このお猿さん ... 。

  その名も “ 超猿人 ( SUPER APE スーパーエイプ ) ” と申します。
  飼い主 ( ? ) は Lee Perry リー・ペリー と言う、ジャマイカのいかした爺様です。

  音楽好きな方なら、何のことやらすぐに分かっちゃうんじゃないでしょうか?
  何せ、音楽にうとい私でも、このお猿さんには見覚えがあったくらい有名ですから ... 。


  お客様の中に 「 悪い子はいねぇ~かぁ~ 」 と、毎日なまはげバリに見張っておられます。
  悪い子は連れて行かれちゃうかもしれませんので、皆さんどうぞお気を付け下さいませ (笑)

  店内のどこから見張られているんだか、チェックしてみて下さいね♪

* staff 1号 杏 *

関連記事

私はどこにいるでしょう? その①

2010年10月13日 19:22


  アイタルガボン店内の色んな所にいる動物達、皆さんお気付きですか?
  良く良く店内を見てみると、結構たくさんいるんですよ~。

  ふと、全部の動物達を見付けた方はおられるのかな? と思い、
  ひとつずつ紹介してみることにしました。

  見たことあるのもないのも、ご来店の際には探してみて下さいね~!


  私はどこにいるでしょう? その①
  ItalGabon_cafe-goods10

  「 世界で最も有名なおさるさん 」 とも言われる、木製のおさるさんです。
  銀細工師として世界的に有名なデンマーク人のデザイナー、カイ・ボイセンによる作品で、
  1951年のデビュー以降、50年以上経った今でもハンドメイドで1つ1つ丁寧に作られています。

  手足の関節が可動式になっていることと、足先指先がフック状になっていることで、
  色んなポーズを取ることもできるし、色んな場所にぶら下げたりもできる、楽しいヤツです。


  店内でのんびりブラブラぶら下がりながら、皆さんのご来店を待っているんですよ~。
  目に付きやすい場所にいるので、すでにお気付きの方が多いでしょうか?  

  たまーに移動したりポーズが変わったりしますが、どこにいるのかチェックしてみて下さいね♪

* staff 1号 杏 *

関連記事

メニューブックと伝票ホルダー

2010年10月10日 00:00


  最近、ランチメニューの更新しかできていないので、ここら辺でちょっと別のお話しでも ...。
  そうですねぇ ... 唐突にヌメ革のお話しなんてどうでしょうか (笑) ?


  ヌメ革って言うのは、植物から抽出されたタンニンという成分で鞣 ( なめ ) されて、
  染色・型押しなどの表面加工は一切施されていないナチュラルな革の事です。
  そのタンニンで鞣す方法は、大昔から行われていた伝統的な方法です。

  革その物の風合いや味わいが楽しめるうえ、太陽の光を浴びたり手の油が馴染んでくると、
  だんだん茶褐色に色が変わって艶が出てくるので、育てる喜びもあるのがヌメ革の良いところ。
  使い込んでいく程に、持ち主の味が良い感じに出ちゃうんですよね~。

  しかも、このヌメ革、製造工程中に環境を汚染する様な有害廃棄物をほとんど出しません。
  さらに、廃棄された後は土中で微生物などによって、ちゃーんと自然分解されるんだとか!
  エコが叫ばれる今の時代にもってこいの、自然環境に優しい素材だったんですね ...。


  え? 何をそんなにヌメヌメ言っているのかって?
  それは、アイタルガボンのメニューブックと伝票ホルダーがヌメ革でできているからですよっ!


これが噂のメニューブック。A5サイズのバインダー仕様です。
ItalGabon_cafe-goods01 ItalGabon_cafe-goods02

こっちは手のひらサイズの伝票ホルダー。伝票を丸めて差し込みます。
ItalGabon_cafe-goods03 ItalGabon_cafe-goods06


  これがお客様にも好評で、 「 格好良い! 」 「 手触りバツグン! 」 「 欲しい! 」 などなど、
  褒められたり欲しがられたりな、自慢の逸品なのでございます~♪

  「 どこに売ってるの? 」 と聞かれる事もあるんですが、実はこれ、オリジナルの非売品!


  店主の親友が、ジャンベ ( アフリカの太鼓 ) の修理・メンテナンスなどを行う工房をされており、
  太鼓の皮やロープを張り替えたりするジャンベ専門の職人さんなのですが、以前は、
  独自に仕入れた上質な革でお財布などの小物関係も作っておられたりもしたそうで、
  お店をオープンするにあたって、特別にオーダーメイドを引き受けて下さったと言う訳です。

  現在は、残念ながらジャンベのみ扱っておられるんですが、修理・メンテナンスはもちろんの事、
  ご自身もジャンベのプレーヤーとしてライブなど精力的に活動されておりますよ!

  修理・メンテナンスの依頼、ライブ・ワークショップの情報は以下サイトでチェックできます♪

  京都・紫野にあるジャンベ工房!ジャンベの事ならおまかせ下さい! → Djembe工房EBENE
  工房主として、またプレーヤーとして、ジャンベ溢れる日々のお話し! → KENJI LIFE


  とにもかくにも、アイタルガボンの為だけに作られた、メニューブック&伝票ホルダー。

  水に濡れるとすぐに染みができるのが弱点ではありますが、それもまた味わいのひとつ。
  たくさんのお客様の手を渡って、味わい深く歴史が刻まれるのを楽しみにしています♪

  ご来店の際には、是非じっくりと可愛がってやって下さいね!


ItalGabon_cafe-goods08 


* staff 1号 杏 *

関連記事

Hedgehog × junaida

2010年09月20日 01:30


  ちょっとバタバタしてしまって、ご紹介が遅れてしまったクセになんなんですが...。

  皆さん、アイタルガボンから徒歩5分の Hedgehog Books and Gallery さんで開催中の、
  『 junaida個展 Hedgehog 』 の終了が迫っておりますよーーーっ!

  8/16(月)から開催されていたこの 『 junaida個展 』 、来週の9/26(日)で最終日を迎えます。
  「 とっくに行きましたよ~ 」 って方から、 「 何それ?知らなかった! 」 って方まで、
  とにかく、あと7日間で終わっちゃうんです!急いで下さい!

  と、皆さんを急かしてしまうくらいに魅力的な 『 junaida個展 』 。


  最近では、綾瀬はるかさん主演ドラマ 「 ホタルノヒカリ 」 のタイトルバックを描かれたり、
  原由子さんベストアルバム 「 ハラッド 」 初回限定盤の特典に絵を描かれたりと、
  どこかで junaida さんの絵をご覧になったことがあると言う方も多いのでは?

  そんな大活躍中の junaida さんの個展が、すぐそこで開催されるだなんて! と、
  少し前に店主と一緒に見に行ってきたんですね~。

  Hedgehog さんの可愛らしいギャラリーに、おとぎ話に迷い込んだ様な気分になれる、
  とっても素敵な作品達が ギュッ と贅沢に展示されてましたよ!

  そこはもう、思わず きゅん としてしまう空間だったのです♪



  ItalGabon_shop-Hedgehog03 ItalGabon_shop-Hedgehog05
  こんな風に、たっくさんイラストが展示されています。
  1枚1枚じっくり見て下さいね!きっと楽しい発見がたくさんあります!

  ItalGabon_shop-Hedgehog04 ItalGabon_shop-Hedgehog06
  どうかしてやりたいくらいに可愛い(笑)、スキマの住人さん達もあっちこっちに!
  見付ける度にテンションが上がっちゃって大変です!

  ItalGabon_shop-Hedgehog08
  なんと、お家に連れて帰れるタイプのスキマの住人さんまで!
  それぞれに違った表情が悩ましい、おばけのドロロンズ達!

  ItalGabon_shop-Hedgehog02
  Hedgehog = ハリネズミ、もちろん、本屋のヘッジさんも参加されてますよ!
  さりげなく置かれた文庫本、中にはどんな秘密が...?


  遊び心がたっぷり隠された 『 junaida個展 』 、何度行っても楽しめそうです!
  と言うか、1回だけでは気付かないくらいに小さな仕掛けが盛りだくさんなので、
  お時間のある方は、残り7日間で2度3度と行ってみても良いんじゃないでしょうか?

  でも皆さん、アイタルガボンの 『 遊牧夫婦 』 写真展 のこともお忘れなく!
  せっかくご近所さん同士なので、ここは張り切ってハシゴしておきましょう(笑)。


  興奮した私に快く好きなだけ写真を撮らせて下さった Hedgehog さん、
  宝探しの様にワクワクする時間を下さった junaida さん、ありがとうございました♪

  古本ついでに展示?展示ついでに古本?いや、どっちも! → Hedgehog Books and Gallery
  あの日、ちょっと疲れていた私の心を(笑)、一瞬で幸せにしてくれた! → junaida.com

* staff 1号 杏 *

関連記事


N e w t i t l e