Kyoto Photo Award 2013

2013年01月08日 23:59


皆さん 『 Kyoto Photo Award 』 ってイベントをご存知ですか?

KyotoPhotoAward2013-01

昨年2月に開催された 『 PHOTO & CAFE 2012 』 で ItalGabon もお世話になった、
関西を中心に写真にまつわる様々な活動を展開している “ FOTON photo project ” が主催する、
展覧会型 の 写真コンペティションイベント 、それが 『 Kyoto Photo Award 』 です。


...と言っても、それだけじゃあ ピン とこないと思うので、ざっくり簡単に内容を説明してみると...


公募作品で一般公開の展覧会を開催して、審査員・レビュアー・来場者で行われる審査と投票の結果で、
賞金はもちろん色んな特典がプレゼントされる、誰でも参加可能な写真専門のコンペなのでございます!

展示会場となるのは、三条御幸町 1928ビル ( 旧 毎日新聞社ビル ) 1F の 同時代ギャラリー
街のど真ん中に位置する有名ギャラリーが会場と言う事もあり、来場者数もかなり多いんだそう!

今年の 『 Kyoto Photo Award 』 では、初心者からプロの方まで幅広く参加できる 「 一般部門 」 、
若手作家の発掘・支援を目的に新設された 「 AWARD部門 」 、各部門ごとの公募&展示が開催されますよ◎

エントリーの締切は、 「 一般部門 」 が 2/4(月) 、 「 AWARD部門 」 は 2/10(日) までとなり、
展示期間は、 「 一般部門 」 2/19(火)~2/24(日) 、 「 AWARD部門 」 2/26(火)~3/3(日) です。


↓ ↓ ↓     クリック すると 拡大表示 されます     ↓ ↓ ↓
KyotoPhotoAward2013-02
詳しくは 『 Kyoto Photo Award 』 特設サイト 又は
『 Kyoto Photo Award 』 ツイッターアカウント よりご確認下さい



そして、なんと今回、 「 一般部門 」 のレビュアーとして ItalGabon も招待いただいちゃいました!
なので、 「 一般部門 」 にエントリーすれば、 ItalGabon賞 を受賞しちゃうかもしれないんですね~(笑)

写真に関する知識も経験もないのに恐縮ではありますが、素敵な写真との出会いにワクワク期待!
素人目線を引っ提げたレビュアーとして、私達も 『 Kyoto Photo Award 』 を楽しみたいと思います◎

エントリーしてみるも良し、観客として来場してみるも良し、皆さんも一緒に写真を楽しんでみませんか?

写真が趣味だと言う方にも、作家として写真で活動していきたい方にも、オススメの企画内容ですので、
写真が好きだなって方は、是非是非 『 Kyoto Photo Award 』 をチェックしてみて下さいね~♪


* staff 1号 杏 *



関連記事

忘れないために、いつかの光景。

2012年02月17日 23:57


2/1(水) より開催中の 有本真紀 ピンホール写真展 『 いつかの光景 』 、
お蔭様でたくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございます!

2月も折り返しが過ぎ、 29(水) までの展示期間も残り半分となりました。

そこで、既にご覧いただいた方にも、まだご覧いただいてない方にも、
どんな展示になっているのか、ちょっとご紹介してみたいと思います♪


店内には、カラー・モノクロ合わせて8点のピンホール写真が展示されています。

1つ1つ見応えのある大きな作品が、 アイタルガボン の空間にバランス良く配置され、
緑の壁に馴染みながらも、くっきりと浮かび上がる様な存在感を放っております!

ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-MakiArimoto-itukanokoukei04

実は今回の展示は、あの大地震から約8ヶ月後の宮城県で撮影された写真で構成されています。

ピンホール写真特有の柔らかな質感に、報道写真の生々しさとは全く違った印象を受けるはず。
時間も、空気も、大切にそっと閉じ込めたかの様に、不思議と優しい表情に感じられる気がします。

ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-MakiArimoto-itukanokoukei03

かつての日常を失った非日常の景色が、誰かが現在を過ごしている目の前の景色である事。
そんな光景が、 有本さん の手によって、1枚1枚、静かに丁寧に写し出されています。

是非、会場でゆっくりとご覧いただきたい作品です。


また、店内全ての座席には、展示ノートとシャープペンシルが設置されています。

ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-MakiArimoto-itukanokoukei05

ノートには、 有本さん が現地で見た物・出会った人・感じた事など、小さな写真と文章が添えられ、
ご来場の皆様にも、感想やご意見など自由に書き込んでいただける様になっております。

ご来店の際には、展示と合わせて、こちらも忘れずにご覧下さいね!


レジ前にて販売中の、幻想的で美しいポストカード×7種も人気です♪
店内1番奥の壁に展示されている、最も大きく印象的な日の出の作品もポストカードになりました。

ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-MakiArimoto-itukanokoukei06

尚、展示作品・ポストカードの売上は、諸経費を差し引き、震災関連の寄付へと当てて下さるそう!
( どこへ寄付するのかは、現在じっくりと検討中だそうです。 )


週末など、 有本さん ご自身も店内に滞在して下さっている時があります。

とっても気さくな方なので、写真の事、ピンホールカメラの事、撮影に行った時の事、
何かお話ししたい事がある方は、どうぞお気軽にお声掛け下さいませ!

引き続き、皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げます♪


* staff 1号 杏 *



● ● ● ●     P H O T O & C A F E 2 0 1 2     ● ● ● ●
有本真紀 写真展 『 いつかの光景 』  2012.2.1 wed ~ 29 wed

ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-MakiArimoto-itukanokoukei02
いつかの日常の断片が散らばる、ある日の光景。
どこかでだれかが迎える、新しい一日。
いちにちいちにちの、くらしの集積。
やがては消える、ただいまのこと。


ピンホールカメラで撮影した写真のみで構成された写真展です。

ピンホールカメラは針穴写真とも呼ばれ、その名前の通り、針の先ほどの小さな小さな穴から
光をぎゅーっと吸い込んで撮影する、とても古典的な技法の写真機です。
レンズもファインダーも、もちろん液晶画面もついていません。

ピンホールカメラからは、やわらかな描写の写真が生まれます。

今までの作品は全て 「 瞬間を切り取らない 意味を押し付けない 何でもない写真 」
と言うスタンスで制作・発表してきましたが、今回初めて、少し具体的な要素が添えられています。


ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-MakiArimoto-itukanokoukei01
 有本 真紀 Maki Arimoto

 滋賀県出身。 京都芸術短期大学卒。
 京都を中心にフリーランスとして活動。
 2008年よりピンホール写真を撮り始める。

 website : vista fotografica‐有本真紀.com
 twitter : arimotomaki 有本真紀 ( vistafoto )


関連記事

『 CAFE BOX 』 完売しました!

2012年02月14日 00:04


souffle × 諏訪雅『 CAFE BOX 』 、お陰様で 販売限定数90個 すべての箱が旅立ち、
予想を遥かに上回る早さで 2/12(日) の夜に 完売 となりました!

お買い上げいただいた皆さん、誠にありがとうございました!



アイタルガボン 入ってすぐのレジカウンターに、こんな風に展示販売しておりました。
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX06
初日から売れ行き好調で、開始 5日間 で 初回納品 の 40箱 が品切れとなる人気っぷり!
その後、 9(木) の 追加納品 50箱 も、僅か 4日間 で 完売 してしまいました!


souffleちゃん諏訪さん それぞれのファンの方達が、 『 CAFE BOX 』 お目当てに次々とご来店、
皆さん ホクホク顔 で 「 どの箱にしようかな~♪ 」 と嬉しそうに選んで下さいました。
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX07ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX08
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX09
また、 『 CAFE BOX 』 の存在を知らずにご来店いただいた方達にも大好評で、
この素敵な箱をきっかけに、 souffleちゃん諏訪さん の事を知っていただけたと思います。


自分用に、誰かへのプレゼント用に、たくさんの方の手に渡って行った 『 CAFE BOX 』


カフェでゆったり過ごす様に、 souffleちゃん のおやつと珈琲を美味しくいただきながら、
諏訪さん写真カードを眺めてみたり飾ってみたり、お家でほっこりと楽しんで下さい!
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX10
そして、空になった 『 CAFE BOX 』 には新たにお気に入りのカードや小物を詰め込んで、
これからも皆さんの日常の片隅で可愛がってやって下さいね!


* staff 1号 杏 *



● ● ● ●     P H O T O & C A F E 2 0 1 2     ● ● ● ●

souffle × 諏訪雅 『 CAFE BOX 』


―   souffle スーフル   ―
少しのエンターテイメントと 少しのワンダーと
おいしいごはんの時間 お届けします
weblog : souffle  /  twitter : sayuri tanaka ( @souffle2007 )

―   諏訪 雅 Masashi Suwa   ―
劇団 ヨーロッパ企画 所属
weblog : photo  /  twitter : 諏訪雅 ( @urasuwa ) 

souffle × 諏訪雅 | PHOTO & CAFE 2012 公式サイト


関連記事

有本真紀 写真展 『 いつかの光景 』

2012年02月05日 00:37


● ● ● ●     P H O T O & C A F E 2 0 1 2     ● ● ● ●

有本真紀 写真展 『 いつかの光景 』  2012.2.1 wed ~ 29 wed

ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-MakiArimoto-itukanokoukei02

いつかの日常の断片が散らばる、ある日の光景。  どこかでだれかが迎える、新しい一日。

いちにちいちにちの、くらしの集積。  やがては消える、ただいまのこと。



ピンホールカメラ で撮影した 写真 のみで構成された 写真展 です。

ピンホールカメラ は 針穴写真 とも呼ばれ、その名前の通り、針の先ほどの小さな小さな穴から
光をぎゅーっと吸い込んで撮影する、とても古典的な技法の 写真機 です。
レンズ も ファインダー も、もちろん 液晶画面 もついていません。

ピンホールカメラ からは、やわらかな描写の 写真 が生まれます。

今までの作品は全て 「 瞬間 を切り取らない 意味 を押し付けない 何でもない 写真 」
と言うスタンスで 制作・発表 してきましたが、今回初めて、少し具体的な 要素 が添えられています。



―   有本 真紀 Maki Arimoto   ―
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-MakiArimoto-itukanokoukei01
滋賀県出身。 京都芸術短期大学卒。
京都を中心にフリーランスとして活動。
2008年よりピンホール写真を撮り始める。

website : vista fotografica‐有本真紀.com
twitter : arimotomaki 有本真紀 ( @vistafoto )


ItalGabon × 有本真紀 | PHOTO & CAFE 2012 公式サイト



関連記事

souffle × 諏訪雅 『 CAFE BOX 』

2012年02月05日 00:16


● ● ● ●     P H O T O & C A F E 2 0 1 2     ● ● ● ●

souffle × 諏訪雅 『 CAFE BOX 』  2012.2.1 wed ~ 29 wed
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX01
金・銀・白 3種 計90個限定 各630円



皆さん、こんにちは!
京都を中心に、ケータリングや出張カフェをしている “ souffle ( スーフル ) ” です。

実店舗を持たない私は、 souffle 特製の手作り おやつ と 珈琲 、
劇団 ヨーロッパ企画諏訪雅さん による小さな 写真カード をセットに、
素敵なデザインの 箱 に詰め込んだ  「 CAFE BOX 」 を作りました。

『 PHOTO & CAFE 』 の会期中、 ItalGabonさん にて販売させていただきます。


金 ・ 銀 ・ 白 、 箱 の文字色によって おやつ の種類が違います。

金 の 箱 には、黒糖くるみとアーモンドプラリネのチョコレート。
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX02
キャラメリゼしたアーモンドと黒糖をからませたくるみをチョコレートでコーティング、
ココアパウダーで包む様に仕上げた、バレンタインにもピッタリのおやつ。

銀 の 箱 には、バナナとオートミールのビスケット。
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX03
名刺サイズの大きなビスケットは、朝ごはんにもなる私の大好きなビスケットです。

白 の 箱 には、キャラメルビスコッティ。
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX04
歯ごたえ抜群のキャラメルビスコッティは、ほのかに効かせたゴマの風味がポイント。


それぞれの おやつ と1杯分の souffle オリジナルブレンドの 珈琲 、
とても可愛く仕上がった 諏訪雅さん写真カード は 3種類1組 で入っています。

各色 630円 で 合計 90箱 の 限定販売 となります。


たくさんの方の手に渡りますように。 そして、お家で ホッ としていただけたら嬉しいです。
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX05

私も ItalGabonさん の片隅でお茶をしている事があると思いますので、
見かけた方は声をかけて下さいね!



―   souffle スーフル   ―
少しのエンターテイメントと 少しのワンダーと
おいしいごはんの時間 お届けします
weblog : souffle  /  twitter : sayuri tanaka ( @souffle2007 )


―   諏訪 雅 Masashi Suwa   ―
劇団 ヨーロッパ企画 所属
weblog : photo  /  twitter : 諏訪雅 ( @urasuwa ) 



souffle × 諏訪雅 | PHOTO & CAFE 2012 公式サイト



関連記事

PHOTO & CAFE 2012

2012年01月21日 11:21


ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-01

2月は FOTON photo project が主催する 『 PHOTO & CAFE 』 に参加します!

『 PHOTO & CAFE 』 とは、カフェを会場とした写真展。

初の開催となる今回は、京都市内のカフェ18店舗が参加し、2月の1ヶ月間、
計20名の作家さん達による写真展が同時開催されるのです!

それぞれのカフェの営業スタイルも様々だし、それぞれの作家さんの作風も様々。

それを主催の FOTON photo project が繋ぎ合わせ、それぞれの個性を活かした写真展を作り上げます。

ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-02

アイタルガボン では、 有本真紀さん がピンホールカメラで撮影された写真を展示しますよ!
また、 souffleさん × 諏訪雅さん劇団ヨーロッパ企画 ) によるフォトボックスの販売も行います!
( 展示・フォトボックスの詳細は、また後日ご案内いたします。 お楽しみに♪ )

さらに、 『 PHOTO & CAFE 』 期間中には、トークショーやワークショップが開催されたり、
写真展会場以外の場所でもイベントを楽しむ事ができちゃいます。

まずは是非、全会場を巡りたくなるマップ付きのDMを手に入れて下さいね。
もちろん、 アイタルガボン 店頭でもDMを設置・配布しておりますよ!

お目当てのカフェや作家さんの情報をチェックして、2月は 『 PHOTO & CAFE 』 でお楽しみ下さい♪


* staff 1号 杏 *



関連記事

楽楓堂さんの 『 撮り☆ガール 』

2011年11月25日 18:34


11/20(日) に 京都の編集プロダクション 楽楓堂 RAKUFUDO さんの主催で開催された
ビギナー向けのデジタルカメラ講座 『 撮り☆ガール tori girl ― 第1回 スイーツ編 ― 』
ご参加いただいた皆さん、誠にありがとうございました!

ItalGabon_gallery-RAKUFUDO-tori★girl02

こちらのブログをご覧いただいている方は既にご存知だと思いますが、
デジカメの機能も全く使いこなせず... 才能はもちろんの事センスもなし...
そんな私こそが参加しておくべきだったんじゃないのかと、ちょっと悔やまれます...(笑)

ItalGabon_gallery-RAKUFUDO-tori★girl03

デジカメの設定から、光や構図についてなど、手取り足取り教えていただけた様で、
皆さんデジカメ片手にワイワイと楽しそうでしたよー。 ( ← 羨ましげに語る私(笑) )

ItalGabon_gallery-RAKUFUDO-tori★girl04

楽楓堂 RAKUFUDO さんのブログでも色んな写真と共に紹介されていますので、
是非是非チェックしてみて下さいね~♪ ( ← 人任せにしてみる私(笑) )


* staff 1号 杏 *



関連記事


N e w t i t l e