『 CAFE BOX 』 完売しました!

2012年02月14日 00:04


souffle × 諏訪雅『 CAFE BOX 』 、お陰様で 販売限定数90個 すべての箱が旅立ち、
予想を遥かに上回る早さで 2/12(日) の夜に 完売 となりました!

お買い上げいただいた皆さん、誠にありがとうございました!



アイタルガボン 入ってすぐのレジカウンターに、こんな風に展示販売しておりました。
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX06
初日から売れ行き好調で、開始 5日間 で 初回納品 の 40箱 が品切れとなる人気っぷり!
その後、 9(木) の 追加納品 50箱 も、僅か 4日間 で 完売 してしまいました!


souffleちゃん諏訪さん それぞれのファンの方達が、 『 CAFE BOX 』 お目当てに次々とご来店、
皆さん ホクホク顔 で 「 どの箱にしようかな~♪ 」 と嬉しそうに選んで下さいました。
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX07ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX08
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX09
また、 『 CAFE BOX 』 の存在を知らずにご来店いただいた方達にも大好評で、
この素敵な箱をきっかけに、 souffleちゃん諏訪さん の事を知っていただけたと思います。


自分用に、誰かへのプレゼント用に、たくさんの方の手に渡って行った 『 CAFE BOX 』


カフェでゆったり過ごす様に、 souffleちゃん のおやつと珈琲を美味しくいただきながら、
諏訪さん写真カードを眺めてみたり飾ってみたり、お家でほっこりと楽しんで下さい!
ItalGabon_gallery-FOTON-PHOTO&CAFE2012-souffle-MasashiSuwa-CAFEBOX10
そして、空になった 『 CAFE BOX 』 には新たにお気に入りのカードや小物を詰め込んで、
これからも皆さんの日常の片隅で可愛がってやって下さいね!


* staff 1号 杏 *



● ● ● ●     P H O T O & C A F E 2 0 1 2     ● ● ● ●

souffle × 諏訪雅 『 CAFE BOX 』


―   souffle スーフル   ―
少しのエンターテイメントと 少しのワンダーと
おいしいごはんの時間 お届けします
weblog : souffle  /  twitter : sayuri tanaka ( @souffle2007 )

―   諏訪 雅 Masashi Suwa   ―
劇団 ヨーロッパ企画 所属
weblog : photo  /  twitter : 諏訪雅 ( @urasuwa ) 

souffle × 諏訪雅 | PHOTO & CAFE 2012 公式サイト


関連記事

イロノカケラヲモッテカエル

2011年12月20日 00:19


  12/13(火) より好評開催中の 一柳綾乃 個展 『 iro no kakera wo motte kaeru 2011 』
  初日からたくさんの方にご来場いただいております♪

  今日は、ちょっとだけですが、その展示風景を紹介してみたいと思います。


  ItalGabon_gallery-AyanoIchiyanagi-ironokakerawomottekaeru2011-03
  2011年の ライブペイント作品 ( 布 ) から選りすぐりの 2点 を店内の壁面へ ドドーン と展示、
  緑色の壁が印象的だと言われる ItalGabon が、いつもの店内の様子からガラリと印象を変え、
  一柳綾乃さん の流れる様な色の波に優しく包まれております。

  この、横長に展示している ライブペイント作品 ( 布 ) の上部には、 50㎝幅 ごとに目印があり、
  それら 50㎝幅 を 1単位 として、どこでも好きな部分を切り売りさせていただいています。

  これこそが、 『 イロノカケラヲモッテカエル 』 と題された展示の醍醐味!


  ItalGabon_gallery-AyanoIchiyanagi-ironokakerawomottekaeru2011-04ItalGabon_gallery-AyanoIchiyanagi-ironokakerawomottekaeru2011-06
  しかし、他にも 『 イロノカケラヲモッテカエル 』 方法は色々とあります!

  ライブペイント作品 ( 布 ) をパネルに起こした作品や、服飾作家の方とのコラボレーション、
  “ 1.plus ” と言うブランド名で ライブペイント作品 ( 布 ) を使って仕立てられた、
  バッグやポーチ、ブックカバーやシャツなども、たっくさん展示販売されていますよ~。

  ItalGabon_gallery-AyanoIchiyanagi-ironokakerawomottekaeru2011-05 ← 中でも密かに 優れモノ なのは コ・イ・ツ ♪

  みゆき袋 と言う、風呂敷を縫い上げた様な形のバッグですが、広げて持ち手を結めばバッグに、
  持ち手をほどいてたためばぺっちゃんこ、とってもコンパクトにしまえるのです。

  エコバッグやサブバッグとして持ち歩くにも良いし、インナーバッグとしても使えそう!


  ItalGabon_gallery-AyanoIchiyanagi-ironokakerawomottekaeru2011-02
  と、まぁ、昨年の 『 iro no kakera wo motte kaeru 』 よりも パワーアップ して、
  様々な形で ライブペイント作品 ( 布 ) が楽しめる展示となっております♪

  今年の作品は、良い意味で力の抜けた感じがあり、絵具や筆の動きが滑らかになり、
  遊びがあると言うか余裕があると言うか、一発勝負の即興で行われる ライブペイント の、
  時間や空気そのものを自由に楽しんでいる様子が伝わってくる様な気がしました。

  その様子を 「 色が自由自在に跳ねている 」 と、上手く表現されたお客様もおられました。


  さて、会期後半となる 12/20(火) 以降は、新たに生まれた作品達が追加されていますよ~!

  12/18(日) 開催の 『 iro no kakera wo motte kaeru 2011 Special Live 』 で生まれた、
  ライブペイント作品 ( 布 ) や 衣装 も追加し、前半とは違った展示をご覧いただけます。

  ( 『 iro no kakera wo motte kaeru 2011 Special Live 』 の様子は別途ご報告いたします。 )


  既にご来場いただいた方も、そうでない方も、この機会に是非、お気軽にお立ち寄り下さいませ!
  皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げます♪


* staff 1号 杏 *



2011.12.13 tue ~ 12.25 sun 『 iro no kakera wo motte kaeru 2011 』
ItalGabon_gallery-AyanoIchiyanagi-ironokakerawomottekaeru2011-01
昨年好評だった ライブペイント作品 ( 布 ) の展示と切り売り
『 iro no kakera wo motte kaeru 』 を今年も開催いたします。

即興演奏 × ライブペイント によって生まれた 2011年 の “ 色の欠片 ” をお持ち帰り下さい。
同時に、 ライブペイント作品 ( 布 ) を使用して仕立てた シャツ ・ バッグ 等も展示販売しております。


また、会期中 12/18(日) には 『 iro no kakera wo motte kaeru 』 Special Live を開催。
一柳綾乃 × 3組のアーティスト による、一夜限りの スペシャル な パフォーマンス をお楽しみ下さい!

※ 12/20(火) より Special Live で生まれた作品も合わせて展示しております。


昨年の展示風景 : 2010.11.28 sun ~ 12.5 sun 『 iro no kakera wo motte kaeru 』


一柳綾乃 Ichiyanagi Ayano
ItalGabon_gallery-AyanoIchiyanagi-ironokakerawomottekaeru02
1981年生まれ。静岡県出身、京都在住。
デザイナー ・ イラストレーター ・ アーティスト。
静岡デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業後、本格的なアート活動を開始し、
音・光・水・空気・温度・記憶 をテーマに描くアクリルと水彩の作品を制作。
また、様々な演奏家・ダンサーとコラボレーションした即興ライブペイントや、
泥染め・デッサン等をテーマとしたワークショップ類も数多く開催している。
近年は、染色をはじめ、生活の中に 「 作品 」 を落とし込む事 ( 作品の延長・展開 ) など、
新たな表現方法にも挑戦し、その活動の幅を広げ続けている。
web site : Ayano Ichiyanagi HP
weblog : Daily twill 一柳綾乃の絵と日々。
twitter : 一柳綾乃 ( ayanagi_059 )



関連記事

debris = カケラ

2011年11月26日 11:35


現在好評開催中、 『 debris 展 』 の様子を ちょこっと だけ紹介しちゃいますよー♪


まずは、店内の奥の壁、入ってすぐに ドドーン と正面に見えるこの円盤状の板には、
ピアスなんかが ズラーリズラーリ とぶら下がっている 人気No.1 のコーナーです。
ItalGabon_gallery-debris-debris03
あっちこっち目移りしまくる可愛さに加えて、心惑わす お手頃プライス なので、
「 円盤ごとレジに持って行ってやろうかしら... 」 と言う気分にさえなります(笑)

左の三角タグが、ポップでキュートな “ GHOST DEBRIS ( ゴーストデブリ ) ” さんの作品。
右の四角タグが、シックでクールな “ Unreve Debris ( アンレブデブリ ) ” さんの作品。
ItalGabon_gallery-debris-debris10ItalGabon_gallery-debris-debris13
ItalGabon_gallery-debris-debris11ItalGabon_gallery-debris-debris14
ItalGabon_gallery-debris-debris12ItalGabon_gallery-debris-debris15
定番の引っ掛けタイプやフープタイプのピアス、ポイント使いでオサレ度 UP な片耳ピアス、
ピアスじゃない方にも喜んでいただける様、ちゃんとイヤリングだってあります!


そして、カウンターの上には、布小物やニット小物、ヘアゴムにストラップなどなど!
ItalGabon_gallery-debris-debris06
さらに、ミニラック ( これも手作りだそう! ) には、付け襟やバレッタ、カバンなどなど!
ItalGabon_gallery-debris-debris09
とにかくもう、見てるだけでも ウキウキ しちゃう debris = カケラ だらけの店内なのです♪


全て手作り1点物で早い者勝ち、少しずつ作品が旅立って ( 無くなって ) おりますので、
ここはもう是非とも、張り切って一刻も早くご来場いただきたいと思います!
ItalGabon_gallery-debris-debris07ItalGabon_gallery-debris-debris08
世界に1つの素敵な debris = カケラ 、アナタのお気に入りを見付けに来て下さいね♪


* staff 1号 杏 *



2011.11.22 tue ~ 12.4 sun  『 d e b r i s 展 』  ItalGabon_gallery-debris-debris01
「 debris 」 とは 「 カケラ 」 を意味することば。
“ Unreve Debris ” と “ GHOST DEBRIS ”
2つのラインから生まれた 「 カケラ 」 を集め
はじめての展示を行います。
アクセサリー、カバンやポーチ、マフラーなどのニット類など、
コモノがいっぱい。 すべて手作りの1点ものです。
お気に入りの 「 debris = カケラ 」 を見つけてください。

展示作品は自由に手に取ってご覧いただけます。 どうぞお気軽にご覧下さい。
もちろん、全てその場でご購入 ( お持ち帰り ) いただけます。
手作りの1点モノばかりが並びます。 是非、お早めにご来場下さいませ♪


● ● ● ●     d e b r i s  デ ブ リ     ● ● ● ●
ItalGabon_gallery-debris-debris02
debris = Unreve Debris / GHOST DEBRIS
京都在住、小物制作ユニット 「 debris 」 。
「 debris 」 とは 「 カケラ 」 を意味することば。
“ Unreve Debris ( アンレブデブリ ) ” と
“ GHOST DEBRIS ( ゴーストデブリ ) ” の
2つのラインで展開中。

web site : debris ( デブリ ) http://www.debris.me


関連記事

蓮に囲まれて

2011年08月24日 00:52


  ItalGabon_gallery-tegakisomeyaMAMIZU-asanohikariniomoutoki03

  8/6(土)から2週間に渡って開催された 『 朝の光に想うとき -手描染屋眞水 蓮絵展- 』
  初日から最終日まで会期を通して、毎日たくさんのお客様で賑わいました。

  ご来場いただいた皆さん、誠にありがとうございました!

  ItalGabon_gallery-tegakisomeyaMAMIZU-asanohikariniomoutoki08

  池の様でもある アイタルガボン の緑の壁に、 眞水さん が描いた蓮が優しく馴染み、
  我が店ながら、かなり素敵な展示空間だったと思います♪

  展示を知らずにご来店のお客様にも、涼やかな蓮達を楽しんでいただく事ができました!

  ItalGabon_gallery-tegakisomeyaMAMIZU-asanohikariniomoutoki06

  既に作家活動10年目に入られた事もあって、さすがはファンの方が多かった印象です。
  京都のみならず、関西一円から、はたまた更に遠方からお越しの方も多数!

  皆さん通して言えるのは、1点物である手描き染め作品との巡り会いを楽しまれている事と、
  加えて、会場で 眞水さん 自身に会える事を楽しみにされていると言う事。

  ItalGabon_gallery-tegakisomeyaMAMIZU-asanohikariniomoutoki05

  京都市左京区百万遍にある知恩寺で毎月15日に開催される 「 手づくり市 」 への出店をはじめ、
  全国各地のギャラリーなどでの展示販売会を通じ、お客様との対面販売を続けてきた 眞水さん

  彼女自身そのスタイルを “ 行商 ” と呼び、今でも変わらずに続けておられます。

  きっとそうして、お客様と触れ合いながら “ 行商 ” を続けてきた 眞水さん だからこそ、
  手描き染め作品と彼女との出会いを楽しみに来られるお客様が多かったのだと思います。

  ItalGabon_gallery-tegakisomeyaMAMIZU-asanohikariniomoutoki10

  普段の “ 行商 ” では、手描き染めではない日本画の作品を展示される機会は少ない 眞水さん

  今回ご来場のお客様の中にも、 「 初めて彼女の日本画作品を観た 」 と言う方がたくさんおられ、
  贅沢に展示された日本画からも 眞水さん の魅力を伝えられた有意義な展示だったと言えそうです。

  ItalGabon_gallery-tegakisomeyaMAMIZU-asanohikariniomoutoki07

  アイタルガボン の緑の壁に展示された日本画達は、この後、名古屋会場へと巡回、
  白い壁の 蓮庵さん にて 9/10(土) ~ 9/25(日) の会期で展示されます。

  同じ作品でも展示する壁・空間・レイアウトが変われば、全く違った雰囲気になりますよ!
  京都での展示を楽しまれた方にも是非、名古屋会場まで足を伸ばして欲しいと思います。

  あ、 『 朝の光に想うとき -手描染屋眞水 蓮絵展- 』 名古屋会場での展示の前には、
  東京は神楽坂にあるとっても素敵な空間 フラスコさん にて 8/26(金) ~ 8/31(水) の間、
  『 処暑のノスタルジー -手描染屋眞水 晩夏の服と鞄展- 』 も開催されますので、こちらも是非♪

  ItalGabon_gallery-tegakisomeyaMAMIZU-asanohikariniomoutoki04

  等身大の飾らない人柄と魅力溢れる人懐っこい笑顔、優しさと力強さが感じられる作品。
  再び アイタルガボン での展示が叶う日を楽しみに、今後も 眞水さん のご活躍を応援したいと思います!

  ItalGabon_gallery-tegakisomeyaMAMIZU-asanohikariniomoutoki09


* staff 1号 杏 *

関連記事

プレイバック5月 その②

2011年06月06日 20:57


5/10(火) ~ 5/17(火) の2週間、 『 Petit Loveshka ( プティラブーシュカ ) 』 展が開催されました!

今回はアクセサリーの展示と言う事で、絵画や写真の展示よりも一層、女性が敏感に反応して下さり、
アートな展示を楽しむと言うよりは、品定めな眼差しでゆっくりじっくり熱心に見入る...
そんなウィンドウショッピング的に観賞される方が非常に多かったのが印象的でした。


ItalGabon_gallery-PetitLoveshka-petitloveshka03 ItalGabon_gallery-PetitLoveshka-petitloveshka04
ItalGabon_gallery-PetitLoveshka-petitloveshka05 ItalGabon_gallery-PetitLoveshka-petitloveshka06


プティラブーシュカさんのヴィンテージアクセサリーには、他ではなかなか見ない様なパーツが多く、
ビーズ・チェーン・留め具など、パーツ毎に注目して見てみるのも楽しかったです。

その一部を紹介すると...
ItalGabon_gallery-PetitLoveshka-petitloveshka07 ItalGabon_gallery-PetitLoveshka-petitloveshka08
チェーンに つばめ や リボン のパーツが組み合わされていたり...

ItalGabon_gallery-PetitLoveshka-petitloveshka09 ItalGabon_gallery-PetitLoveshka-petitloveshka10
リボンモチーフも個性豊かに、紐状だったりポッテリしていたり...

ItalGabon_gallery-PetitLoveshka-petitloveshka11 ItalGabon_gallery-PetitLoveshka-petitloveshka12
金管楽器やメリーゴーランド ( 手で回せるんです! ) をモチーフにしたパーツなんかもあったりして...

こう言う世界観が好きな人には本当にたまらない、キュンキュンしまくっちゃう逸品ですよね~。


プティラブーシュカさんのヴィンテージアクセサリーを見て ビビッ ときた嫁入り前の娘さんは、
是非ウェディングアクセサリーの方もチェックしてみると良いですよ♪

website : Petit Loveshka プティ ラブーシュカ  weblog : おちびの背中とラブーシュカ

いつか花嫁さんになる時の為に、今からお気に入りのウェディングアクセサリーを見付けておく、
それもある意味 花嫁修業 と言えるかもしれませんね(笑)


今後しばらく展示の予定はないのですが、随時、展示希望の作家さんを募集中でございます。

アイタルガボンの雰囲気に沿った展示で私達と一緒にお客様を楽しませて下さる...
そんな素敵な作家さんにお心当たりの方は、是非是非ご一報下さいませ!

自薦他薦は問いませんので(笑)、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいね~♪

* staff 1号 杏 *

関連記事

“S” と “目尻” 展?

2011年04月07日 18:46


4/1(金) より開催中の 『 えす と めじり 展 』 の様子を、ちょっとだけ紹介しちゃいますね♪


現在、 京都精華大学 の 日本画コース に通う えすさん と めじりさん 。
こちらの作品は、それぞれ、 日本画 の主な画材である 岩絵具 で描かれた作品。
ItalGabon_gallery-esu-mejiri-esutomejiriten04 ItalGabon_gallery-esu-mejiri-esutomejiriten03
左 : えすさん 作   /   右 : めじりさん 作

近寄って見ると、 岩絵具 の粒子が キラキラ してるのが分かりますよ。
是非近寄って、色んな角度から じっくり とご覧下さいね~。


また、今回、お2人それぞれの世界観が楽しい小さな イラスト作品 も展示して下さっています。
これが、どちらの作品も 絵本 の様に可愛いくって好評なんです!

こちらは、 えすさん による イラスト作品 。
ItalGabon_gallery-esu-mejiri-esutomejiriten05 ItalGabon_gallery-esu-mejiri-esutomejiriten06
繊細に描き込まれた線が素敵なモノクロ作品、 「 すぎのきの住人 」 シリーズ。

こちらは、 めじりさん による イラスト作品 。
ItalGabon_gallery-esu-mejiri-esutomejiriten07 ItalGabon_gallery-esu-mejiri-esutomejiriten07
「 星の世界 」 をテーマに、ちょっと脱力したタッチと柔らかい色合いが優しい作品。

えすさん めじりさん どちらの イラスト も、違った世界観の物語があり、楽しませてくれます。


そして、店内レジ前のカウンターでは、お2人それぞれのポストカードも販売中です。
ItalGabon_gallery-esu-mejiri-esutomejiriten08
中には、数が少なくなっている商品もありますので、お気に入りの 1枚 は是非お早めに!


『 えす と めじり 展 』 は来週 4/14(木) まで開催しております。
桜が綺麗なこの季節、鴨川や御所をお散歩がてら、是非お気軽にお立ち寄り下さいね~♪


PS : お2人のお名前、 “ S ” と “ 目尻 ” が由来なのかしら(笑)?

* staff 1号 杏 *

関連記事

omen people!

2011年03月31日 10:15


  昨日 3/30(水) まで開催された 吉田高志さん の個展 『 Menssage -東欧の空へ- 』
  お蔭様で本当にたくさんの方にご来場いただく事ができました♪

  ご来場いただいた皆さん、誠にありがとうございます!


  吉田高志さん の遊び心がたっぷり詰まったポップアートの世界、いかがだったでしょうか?

  今回は “ お面 ” を使った立体作品がメインだった事もあり、皆さんの反応もそれぞれで、
  ビックリされる方、面白がって下さる方、不思議そうに見つめる方、怖がる方...などなど(笑)


  装着可能な “ お面 ” 作品を見付けて、素直に装着いただいた皆さん、ありがとうございます。
  さらに、その姿を写真に撮らせて下さった皆さん、重ねてありがとうございます。

  一見して無表情な “ お面 ” を装着すると、不思議と皆さんそれぞれに表情があり、
  “ お面 ” では隠せぬ個性が じんわり と滲み出てしまうのがとても面白かったです。


  最後は、そんな “ お面 ” ピーポー な皆さんの写真を紹介して終わりたいと思います。
  ( ある意味これも 吉田高志さん の作品と言う事になります... よね...? )

  ちなみに、中身には、 吉田高志さん ご本人に加え、店主と私もおりますよ(笑)
  どれが誰だか探してみて下さいね~♪


  PS : あ、一応 “ お面 ” で誰だか分からない様になってはおりますが、万が一、
      掲載されると困ると言う方がおられましたら、アイタルガボンまでご連絡下さいませ。
      速やかに削除させていただきます!

* staff 1号 杏 *



● ● ● ●  o m e n p e o p l e  ● ● ● ●

ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people01ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people02ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people03ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people04

ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people05ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people06ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people07ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people08

ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people10ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people11ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people13ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people16

ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people17ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people18ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people19ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people20

ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people21ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people22ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people23

ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people09ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people12

ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people14ItalGabon_gallery-TakashiYoshida-menssage-omen-people15



関連記事


N e w t i t l e