中村風鈴店 KYOTO KOBE TOKYO!

2017年06月22日 16:23


nakamurafuurinten15

なんと今年の中村風鈴店さん、神戸と東京にも出張されるんですってよ!
これは嬉しいチャンスだと、遠方で楽しみにお待ちの方も沢山いらっしゃるでしょうねー♪

nakamurafuurinten16

既に恒例となった中村風鈴店さん、今年はいつもより少ーし遅めの時間帯となります。

7/9日(日) 17:00~19:00頃 河原町丸太町 ItalGabon
( 12:00~14:00頃は岡崎「& noma CAFE」さん、14:30~16:30頃は三条「nowaki」さんの予定です。 )

夕暮れ時に響く風鈴の音、どうぞ皆さん夕涼みがてら気軽に遊びにいらして下さいねー!


* staff 1号 杏 *



● ● ● ● 中村風鈴店 ( 中田誠 / 藤村洋介 ) ● ● ● ●

京都を拠点に活躍する2人の作家による、夏季限定の風鈴屋さんです。

陶芸家・中田誠 が釣鐘部分を、 木版画家・藤村洋介 が短冊部分を制作し、
アンティークな乳母車を改造した専用の台車に風鈴をぶら下げて、アチラコチラと売り歩きます。
#中村風鈴店|Instagram
陶器独特の優しい音色やどこか懐かしいデザイン、1つ1つ手仕事の温もりを感じられる風鈴です。

“ 中村風鈴店 ” として風鈴の売り歩きを始めて今年で11周年を迎えました。
パラソルに揺れる風鈴の音が聞こえましたら、今年も “ 中村風鈴店 ” へお立ち寄り下さい。


陶芸家 中田誠
http://nakatamakotoworks.com/index.html / http://www.instagram.com/macop2/

版画家 藤村洋介
http://twitter.com/maetiku3 / http://www.facebook.com/yousuke.fujimura.9
http://www.instagram.com/yousuke_fujimura0815/

関連記事

中村風鈴店 売り歩きMAP 2016!

2016年06月21日 19:04


既にスタートしております 中村風鈴店さん の 風鈴売り歩き 、なんとこの夏で 10周年 を迎えられたそう!
\ パチパチパチ おめでたい! / と言う事で、今年も アイタルガボン で 風鈴 いかがですか?

2016年7月3日(日) 14時 ~ 16時頃 アイタルガボン 前

7/3(日) の売り歩きは... 12~14時頃 聖護院 テノナル工藝百職さん ⇒
14~16時頃 河原町丸太町 アイタルガボン ⇒ 17~20時頃 三条御幸町 同時代ギャラリーさん
...のコースで リンリリーン と回られる予定ですよ♪

その他の日程などなど、以下の画像にてご確認下さいませませ◎


↓ ↓ ↓  中村風鈴店 売り歩きMAP 2016年版  ↓ ↓ ↓
nakamurafuurinten11
nakamurafuurinten12
↑ ↑ ↑  クリック すると 拡大表示 されます  ↑ ↑ ↑



梅雨真っ只中ですが、今年のお天気はどうでしょうか? 雨が降らないと良いなぁ...。

天候やら何やらと色んな都合で予定が前後する場合もございますが ( 手押し乳母車の人力移動ですので... ) 、
アイタルガボン には2時間の滞在を予定して下さっていますので、のんびりと覗きにいらして下さいね♪

中村風鈴店 10周年 の夏、どんなデザインの 風鈴 がやってくるのか、どうぞ皆さんお楽しみに!


* staff 1号 杏 *



● ● ● ● ●          中 村 風 鈴 店          ● ● ● ● ●

京都 を拠点に活躍する2人の作家による、 夏季限定 の 風鈴屋さん です。

陶芸家・中田誠 が 釣鐘部分 を、 木版画家・藤村洋介 が 短冊部分 を制作し、
アンティークな 乳母車 を改造した専用の台車に 風鈴 をぶら下げて、 アチラコチラ と売り歩きます。
nakamurafuurinten01
陶器独特の優しい音色やどこか懐かしいデザイン、1つ1つ 手仕事 の温もりを感じられる 風鈴 です。

“ 中村風鈴店 ” として 風鈴 の売り歩きを始めて、お陰様で 10周年 を迎える事ができました。
空色の パラソル に揺れる 風鈴 の音が聞こえましたら、今年も “ 中村風鈴店 ” へお立ち寄り下さい。

陶芸家・中田誠 ( @macop2 )  /  木版画家・藤村洋介 ( @maetiku3 )


関連記事

中村風鈴店 売り歩きMAP 2015!

2015年06月20日 15:00


アイタルガボン でも 夏の風物詩 となりつつある 中村風鈴店さん の風鈴売り歩き、
今年の夏にも アイタルガボン 前に リンリン とやって来て下さいますよー♪

2015年7月5日(日) 14時 ~ 16時頃 アイタルガボン 前

7/5(日) は、お昼から 『 聖護院の テノナル工藝百職さん ⇒ 河原町丸太町のアイタルガボン
⇒ 麩屋町通三条上ルの サラサ麩屋町PAUSAさん 』 のコースで順番に回られます。


↓ ↓ ↓  中村風鈴店 売り歩きMAP 2015年版  ↓ ↓ ↓
nakamurafuurinten09
nakamurafuurinten08
↑ ↑ ↑  クリック すると 拡大表示 されます  ↑ ↑ ↑



今年も2時間ほど滞在して下さる予定ですので、皆さんのんびりと遊びにいらして下さいね◎
この夏はどんなデザインの風鈴がやってくるのか、どうぞお楽しみにー!


* staff 1号 杏 *



● ● ● ● ●          中 村 風 鈴 店          ● ● ● ● ●

京都 を拠点に活躍する2人の作家による、 夏季限定 の 風鈴屋さん です。

陶芸家・中田誠 が 釣鐘部分 を、 木版画家・藤村洋介 が 短冊部分 を制作し、
アンティークな 乳母車 を改造した専用の台車に 風鈴 をぶら下げて、 アチラコチラ と売り歩きます。
nakamurafuurinten01
陶器独特の優しい音色やどこか懐かしいデザイン、1つ1つ 手仕事 の温もりを感じられる 風鈴 です。

“ 中村風鈴店 ” として 風鈴 の売り歩きを始めて、お陰様で 9年目 となりました。
空色の パラソル に揺れる 風鈴 の音が聞こえましたら、今年も “ 中村風鈴店 ” へお立ち寄り下さい◎

陶芸家・中田誠 ( @macop2 )  /  木版画家・藤村洋介 ( @maetiku3 )


関連記事

中村風鈴店 2014年・夏!

2014年06月18日 16:21


2012年・夏 ... 2013年・夏 ... そして... 2014年・夏 ...!
そうです そうなんです! 今年も “ 中村風鈴店 ” さんが アイタルガボン にやって来ます!


2014年7月6日(日) 12時 ~ 16時頃 アイタルガボン 前


↓ ↓ ↓  中村風鈴店 売り歩きMAP 2014年版  ↓ ↓ ↓
nakamurafuurinten06
nakamurafuurinten07
↑ ↑ ↑  クリック すると 拡大表示 されます  ↑ ↑ ↑



今年は少し長めに滞在して下さるので、店内での ランチ や コーヒーブレイク と合わせて、
皆さんも是非 ゆっくり じっくり のんびり と今年の 風鈴 をご覧になって下さいね♪


* staff 1号 杏 *



● ● ● ● ●          中 村 風 鈴 店          ● ● ● ● ●

京都 を拠点に活躍する2人の作家による、 夏季限定 の 風鈴屋さん です。

陶芸家・中田誠 が 釣鐘部分 を、 木版画家・藤村洋介 が 短冊部分 を制作し、
アンティークな 乳母車 を改造した専用の台車に 風鈴 をぶら下げて、 アチラコチラ と売り歩きます。
nakamurafuurinten01
陶器独特の優しい音色やどこか懐かしいデザイン、1つ1つ 手仕事 の温もりを感じられる 風鈴 です。

“ 中村風鈴店 ” として 風鈴 の売り歩きを始めて、お陰様で 8年目 となりました。
空色の パラソル に揺れる 風鈴 の音が聞こえましたら、今年も “ 中村風鈴店 ” へお立ち寄り下さい◎

陶芸家・中田誠 ( @macop2 )  /  木版画家・藤村洋介 ( @maetiku3 )


関連記事

今年も 中村風鈴店 がやって来る!

2013年06月11日 22:54


昨年の夏に引き続き、今年も “ 中村風鈴店 ” さんが来て下さる事になりました! やったー♪

6/30(日) 15時~16時頃 アイタルガボン前 にて 1時間前後 風鈴販売 の 予定
nakamurafuurinten04

「 新しい風鈴が欲しかった 」 と言う方も! 「 素敵なプレゼントを探してます 」 と言う方も!
「 手作りの物が大好きです 」 と言う方も! 「 とにかく何だか気になるわ 」 と言う方も!

とーってもステキな風鈴屋さんです◎ 皆さん是非 6/30(日) は アイタルガボン前 にお集まり下さいね♪

( あ、ついでに アイタルガボン に寄って行くのも、忘れないで下さいよー(笑)! )


* staff 1号 杏 *



● ● ● ● ● ● ●        中 村 風 鈴 店        ● ● ● ● ● ● ●

京都を主体に活躍中の作家2人組による、 夏季限定 の風鈴屋さんです。

陶芸家・中田誠 が 釣鐘部分 を、 木版画家・藤村洋介 が 短冊部分 を制作し、
アンティークな乳母車を改造した専用の台車に風鈴をぶら下げて、 アチラコチラ と売り歩きます。
nakamurafuurinten01
陶器独特の優しい音色やどこか懐かしいデザイン、1つ1つ手仕事の温もりを感じられる風鈴です。

“ 中村風鈴店 ” として風鈴の売り歩きを始めて、お陰様で 7年目 となりました。
空色のパラソルに揺れる風鈴の音が聞こえましたら、今年も “ 中村風鈴店 ” へお立ち寄り下さい◎


2013年 売り歩きMAP  ( クリック すると 拡大表示 されます )
nakamurafuurinten04
※ 詳しい情報は “ 中村風鈴店 ” 各ツイッター にてご確認下さい
陶芸家・中田誠 ( @macop2 )  /  木版画家・藤村洋介 ( @maetiku3 )




関連記事

中村風鈴店がやって来る リン!リン!リン!

2012年06月22日 01:35


皆さん、台車を引きながら風鈴を売り歩いている、何とも風情ある姿って、実際に見た事ありますか?

私は、何となーく映画やドラマの中で見た事ある様な気がするなぁ... そんな程度ですが、
ご年配の方達にとっては、昔懐かし THE・日本の夏 と言った、風物詩的な光景になるのでしょうか?

きっと既にご存知の方もおられるかと思いますが、実は、京都では今も風鈴を売り歩く姿が見られます。


とは言っても、 「 わしゃ~ 風鈴売ってウン十年じゃ~ 」 みたいな年季の入ったお爺ちゃんではなく(笑)、
京都を主体に活躍中の 若手作家2人組 が 夏季限定 で売り歩く風鈴屋さん “ 中村風鈴店 ” さんです。

ほら、こんな風に、たくさん風鈴がぶら下がった台車を引いて歩いている姿、見かけた事ありませんか?
nakamurafuurinten01
この風鈴達、鈴の様にリンリン鳴る 釣鐘型 の部分は、 陶芸家 の 中田誠さん が制作されて、
風を受けてヒラヒラ揺れる 短冊 の部分は、 木版画家 の 藤村洋介さん が制作されています。

レトロでキュートな雰囲気と手仕事の温もりが感じられるデザイン、他にはないとってもステキな風鈴なのです!
( こちらのサイトで一部の商品がご覧いただけます。ご参考までに。 ⇒ 「 神楽坂 暮らす。 通信 」 )


さてさてさて... 紹介 と言いますか 前置き が長くなってしまいましたが...。

なーんとっ!  6/24(日) に “ 中村風鈴店 ” さんが アイタルガボン へやって来ます! わーい♪
当日の 14時~15時 頃、 アイタルガボン 付近に リリーン と出現予定だそう! やっほーい♪
nakamurafuurinten01
この 売り歩きMAP 6/24(日) の斜線部分の地域を通りながら、 アイタルガボン まで来て下さいますよ◎

これはもう、梅雨明けを待つ窓に、 “ 中村風鈴店 ” さんの風鈴をぶら下げるっきゃない!


さぁさぁ皆さん、是非この機会に “ 中村風鈴店 ” さんに会いにいらして下さいね♪
そして、ついでのついで、この機会に アイタルガボン にもどうぞお立ち寄り下さいませよー(笑)


ほんの少しですが、店頭にも 売り歩きMAP を設置しております。
nakamurafuurinten01
詳しい情報は、以下 “ 中村風鈴店 ” さんの ツイッター にてご確認下さい。


● ● ● ● ●      中 村 風 鈴 店 Twitter    ●   ● ● ● ●
陶芸家 中田誠 : 中田誠 ( @macop2 )
版画家 藤村洋介 : 藤村洋介 ( @maetiku3 )
 


* staff 1号 杏 *



関連記事

nice guy !

2010年10月30日 01:41


  10/19 (火) ~ 10/26 (火) まで開催された Dane Ash Exhibition 『 interconnected 』 展。
  お陰様で、たくさんの方にデイン・アッシュさんの展示をご覧いただく事ができました!
  ItalGabon_gallery-DaneAsh-Interconnected06
  ご来店いただきました皆さま、誠にありがとうございました♪


  デインさんとは 『 遊牧夫婦 』 写真展 の近藤雄生さんを通じて知り合うことができました。
  ( デインさんと近藤さんはお友達で、近藤さんのウェブサイトはデインさんのデザインなんです! )

  京都に3年間住まれていたと言う事もあり、デインさんとはほとんど日本語でコミュニケーションでき、
  一緒に展示空間を創り上げていく中でお互いに打ち解け、色んなお話しをさせていただく事ができました。

  とても優しくて穏やかな雰囲気のデインさん。オーストラリア特有のゆったりした空気を感じる方です。

  しかし、アートに関しては繊細で厳しい一面を持ち合わせておられ、デザイナーとしてアーティストとして、
  洗練された美意識でひとつひとつ丁寧に作品と向き合われている印象を持ちました。


  ↓今回展示された作品達を一部紹介!
  ItalGabon_gallery-DaneAsh-Interconnected07 ItalGabon_gallery-DaneAsh-Interconnected08
  壁に落ちる影も美しい切り絵 <左> と、どこか温もりを感じる3連版画 <右> 。

  ItalGabon_gallery-DaneAsh-Interconnected09
  切り絵版画とは打って変わり、赤のコントラストと動きのあるデザインが印象的な水彩画


  実は、デインさんはこの10月で京都を離れ、東京を経由して母国のオーストラリアへ旅立たれます。
  さらに勉強を重ね、また新たな作品を生み出す為の帰国だそうです。

  「 また日本に ( しかも京都に ) 戻って活動を続けたいと思っている 」 そうおっしゃって、
  「 その時が来たら、第2弾の展示をしよう! 」 と約束し、お互い笑顔でお別れできたのでした。


  そんなデインさんから、最後にサプライズ!!


  ItalGabon_gallery-DaneAsh-Interconnected12
  「 この作品 ↑ が1番好きだなぁ~ 」 と、何気なく言っていたのを憶えていて下さり、
  なんとなんと、最後の日に私達へとプレゼントして下さったのです!

  なんて cool な nice guy なんでしょう!! 嬉し過ぎます!!
  お別れの淋しさと感激が重なり、思わず うるうる 涙目になっちゃう私でした...。

  次回はさらに進化したデインさんの展示ができる様に、私達も頑張らなきゃ!
  再会の日もまた、お互いに笑顔であります様に...。 good luck♪


  デインさんのウェブサイトはコチラ → Japan design blog | Dane Ash Designer
  デインさんのツイッターはコチラ → @DaneAshDesigner

* staff 1号 杏 *

関連記事

Interconnected

2010年10月15日 01:24


  10/19(火)よりデイン・アッシュさんの 『 Interconnected 』 展が始まります!


  素敵なご縁で展示していただけることが決まった、オーストラリア出身の デイン・アッシュ さん。
  アーティスト 兼 デザイナーとして長年経験を積み、現在は日本を拠点に活動される nice guy !

  今回は、同じ図版を版画切り絵など数パターンの違った手法で表現する作品を展示いただきます!
  かなり大型の作品もご用意いただいているとか、そんな噂もあり、非常に楽しみな展示なのです♪

  タイトルの 『 Interconnected 』 を直訳すると、連結・連動と言った意味になります。
  シンプルながら繊細でクールなデインさんの作品、一体どんな連結・連動を見せてくれるでしょうか?


  『 遊牧夫婦 』 展から ガラリ と変わる、店内の雰囲気も合わせてお楽しみ下さいね!
  皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております♪ ( ← もちろん、入場無料で! )


  PS : 以下、紹介文は英文と和訳文で グローヴァル にお届けいたします。

* staff 1号 杏 *



Dane Ash is an Australian artist and Designer who has been living and working in Kyoto for the last 3 years. He is captivated by the organic form of nature and how it as has been applied in Japanese traditional pattern work and design. Through observation and exploration of process, Dane has adapted traditional Japanese pattern work, a process that demonstrates re-invention.
In his first exhibition in Japan, Dane wishes to reflect the influence from Japanese culture and its effects on his work.

デイン・アッシュはオーストラリア出身のアーティストで、この3年間、京都で暮らしながら、アーティスト兼デザイナーとして活動しています。デインは、自然の有機的体系に興味があり、特にそれが日本の伝統的な模様やデザインにどのように活かされているかについて強い関心を持ってきました。そして、その観点から日本のデザインを丹念に観察し、自ら実践を繰り返すことで、彼は独自の創作プロセスを構築してきました。
日本で初めてとなる今回の展示会においては、作品を通じて、彼が日本文化からどんな影響を受け、いかなる世界観を身につけてきたかを、伝えることができればと願っています。


ItalGabon_gallery-DaneAsh-Interconnected05

Dane Ash was trained at Brisbane's Queensland College of Arts and holds a Bachelor of Fine Arts. He majored in Contemporary Art and Intermedia. Having been trained in new media, Dane has worked as a Graphic and Web Designer for 8 years. Since working in Australia, Dane has come to Japan for a broader perspective and cultural enrichment. Inspired by Kyoto's cultural richness, Dane has been refining his artistic skills, working on watercolour paintings, and now a new series of paper cut and prints.

クイーンズランドカレッジ・オブ・アート(オーストラリア・ブリスベン)卒業。現代美術・インターメディアを専攻、美術学士号取得。ニューメディアに精通し、この8年間はグラフィック兼ウェブデザイナーとして活躍。オーストラリアで活動後、さらに視野を広げ多様な文化に接するために来日した。京都の豊かな文化に影響を受け、水彩画や新しいペーパーカットのシリーズ、印刷などを通して、芸術家としてのスキルに磨きをかける。

  web site : Japan design blog | Dane Ash Designer
  twitter : @DaneAshDesigner



Dane Ash Exhibition 『 Interconnected 』 2010.10.19 tue ~ 10.26 tue
ItalGabon_gallery-DaneAsh-Interconnected01 

As an artist I look inwards. I then see what results are reflected in my work. Influences are external but always, as an artist, the work comes from within. My own intentions and the energy surrounding me always affect the outcome of my work. Both are connected and as much as I am an artist from Australia I am connected to Japan. It is this personal study of how energy and intention are connected that has inspired me to create.
When cutting a design into paper one must make allowance for joins in the paper, must be careful not to cut, and have the design fall apart. One must consider how the design is connected. So, much like an idea that will eventually be implemented or a remnant of the past that lies in wait to be re-discovered, everything is interconnected.
Dane Ash

私自身のアーティストとしての内面を観察すると、それが作品中にどのような形で反映されているのかがみえてきます。影響は外側から受けますが、作品はいつも内側から創造されます。すなわち、私を取り囲む環境からのエネルギーと私自身の意図の両者が、いつも作品の中に染み込んでいるのです。この両者はつながっています。それは、私がオーストラリア出身のアーティストでありながら日本ともつながっていることと同様のように思います。外的なエネルギーと内的な意図がどのようにつながっているか。それを知りたいと思うことが、私の創作意欲になっているともいえるかもしれません。
デザインを紙上でカッティングする際は、接続点を考慮し、切断してデザインが崩れてしまわない様に注意を払わなければなりません。さらに、切り出されたデザイン同士がどのようにつながりあっていくのかをよく考えながらカッティングを進めなければなりません。そうしてデザインを切り出していくことは、いままさに現実のものとなろうとしている新しいアイディアに息吹を与えること、または自分の中に眠っている過去のアイディアを再発見することに似ています。そして、それらすべてが相互につながっている、すなわち “ Interconnected ” されているのだと、私は考えています。
デイン・アッシュ

関連記事


n e w t i t l e