お手紙ちゃんと届いたかな?

2012年06月28日 15:05


6/16(土) に開催した 『 お手紙ワークショップ -エスプレッソと森- 』 、大雨だったにも関わらず、
たくさんの方にご参加いただく事ができました。 ご来場いただいた皆さん、ありがとうございます!
ItalGabon_gallery-arfete-OTEGAMIworkshop06
今回のワークショップでは、ただ単に お手紙 を書くと言う事だけではない楽しさがありました。


用意された 色鉛筆 やカラフルな 紙の切れ端 などを自由に使って、塗ったり、切ったり、貼ったりと、
いつもと違った お手紙 を “ 作る ” と言う感じで、皆それぞれに工夫を凝らした お手紙 になった様子。
ItalGabon_gallery-arfete-OTEGAMIworkshop05
「 何だか小学校の図工の時間みたい 」 なんて言いながら、久しぶりに手を動かす楽しさにハマる皆さん。
ItalGabon_gallery-arfete-OTEGAMIworkshop03
時間を忘れて夢中になり過ぎて、もはや “ 作品 ” と言っても良い程に、立派な お手紙 が完成した方も。
ItalGabon_gallery-arfete-OTEGAMIworkshop04
もちろん、相手の事を思いながら、ゆっくりじっくりと丁寧に文章を綴る時間を楽しむ方もおられました。


携帯電話やメール、ツイッターにフェイスブックと、どんなに離れていても簡単に連絡が取れる今、
お手紙 を書く機会も ぐーん と減ってしまいましたが、やっぱり お手紙 って ステキ ですよね。

好きな便箋やペンを選んで、いつもより綺麗に文字を書いて、何度も何度も読み返して、やっと封をする。
切手を貼ってポストへ投函してから、 「 もう届いたかな? 」 なんて想像しながら待つ時間も ステキ 。

ItalGabon_gallery-arfete-OTEGAMIworkshop02

最近 お手紙 書いてないなぁ... と言う方も、 お手紙 書くの大好き! と言う方も、
この機会に是非、 『 お手紙ワークショップ -エスプレッソと森- 』 に参加してみて下さい。

企画・主催を務める arfete アルフェテ が、 お手紙 + α な楽しさをご提案いたします◎
次回開催のお知らせを、どうぞ楽しみにお待ち下さいね~♪


ItalGabon_gallery-arfete-OTEGAMIworkshop07


* staff 1号 杏 *



関連記事

お手紙ワークショップ -エスプレッソと森-

2012年06月05日 17:44


● ● ● ● ●     お手紙ワークショップ - エスプレッソ と 森 -     ● ● ● ● ●

ItalGabon_gallery-arfete-OTEGAMIworkshop01

『 お手紙ワークショップ - エスプレッソと森 - 』 でしか手に入らない
オリジナルのお手紙キットで、1人でも皆でも、楽しくお手紙が書けるワークショップです。

もちろん、シンプルなお手紙も素敵ですが、たくさんの色鉛筆や可愛い紙の切れ端など、
自由に使える色んな材料と道具を用意しているので、いつもと違ったお手紙にも挑戦しましょう!

お手紙スタッフが、お手紙をさらに可愛くする方法を教えちゃいます◎

是非、ワークショップ時間内にお手紙を完成させて、お手紙スタッフに預けて下さいね。

お手紙を預けてくれた方は、消印の代わりにオリジナルスタンプも押せますよ!
1通までなら送料サービスで、お手紙スタッフが責任を持って投函させていただきます〠
( ※ サイズ・重さ が 定形外 になる場合、送料は要相談 )

また、ワークショップブース内にて、可愛い紙モノも販売しております。

美味しいエスプレッソを飲みながら、カフェでお手紙を書く時間を楽しみましょう♪



● ● ● ● ●     開 催 日 ・ 受 付 時 間     ● ● ● ● ●
2012年6月16日(土)   受付時間 17:00 ~ 20:00
受付時間内であれば、お好きな時間にご来場いただけます。
自由に作業を進めていただき、お手紙が完成した方からワークショップ終了です。
( ※ ラストオーダー21:00 / 閉店22:00 までに終了していただきます )

● ● ● ● ●     参  加  費     ● ● ● ● ●
1100円  お手紙キット&エスプレッソ付き
オリジナルのお手紙キットと、 ItalGabon の美味しいエスプレッソ珈琲が付いてます。
( ※ 別途、可愛い紙モノのご購入やご飲食も可能です。 合わせてお楽しみ下さい。 )

● ● ● ● ●     持  ち  物     ● ● ● ● ●
お気に入りのペンなど お手紙を書くのに必要な筆記用具をお持ち下さい
会場には、色鉛筆や紙切れなど、お手紙を可愛くする材料と道具を色々とご用意しております。

● ● ● ● ●     お 申 し 込 み ・ お 問 い 合 わ せ     ● ● ● ● ●
会場 ItalGabon まで お気軽にご連絡下さい
会場の座席数には限りがあり、満席となる場合もございます。 ご了承の上、ご来場下さいませ。
予約なしでご来場いただけますが、事前の ご予約・お問い合わせ も可能です。 どうぞお気軽に。


● ● ● ● ●     企  画 ・ 主  催     ● ● ● ● ●

arfete  アルフェテ
AFTER SCHOOL PROJECT  アフタースクールプロジェクト
ItalGabon_gallery-arfete-OTEGAMIworkshop00
web site : arfete
twitter : アフタースクールプロジェクト ( @AFTERSCHOOOOOL )


webサイト arfete ( アルフェテ ) では、ワークショッププログラム情報やイベント情報を配信。
デザイナー・作家・ライターなどが、全国のカルチャースポットへワークショップの旅に出ます。
最近よく聞くワークショップという言葉、僕らは実際に手を動かし 「 体験を共有する時間 」 だと思っています。

アフタースクールプロジェクト は、図工作家 “ やぎとおおいしはじめ ” が立ち上げたプロジェクト。
僕らが普段から心を動かされる作家の皆さんをお招きし、驚きや喜びを共有できるワークショップを企画します。
ものづくりを通して過ごす時間は、とても豊かな匂いがします。 いい匂いがしてきませんか?


関連記事

原発絵本プロジェクト

2011年11月15日 21:10


10/23(日) から 11/6(日) まで開催の “ 原発絵本プロジェクト ” による
『 このくににひかりがみちるまで 』 絵本展、ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!
ItalGabon_gallery-26GENPATSUEHONPROJECT-konokuninihikarigamichirumade05
今までに無く、 「 原発 」 と言う難しいテーマではありましたが、易しい文章とイラストによる表現を、
古ぼけた雰囲気の絵本型立体パネルに起こして展示する事で、割とすんなりご覧いただけたのではないでしょうか?

今回、京都での展示以前、東京でも展示されていたのですが、次は仙台での展示が決まっているんだそう。
ItalGabon_gallery-26GENPATSUEHONPROJECT-konokuninihikarigamichirumade06
原発の歴史を寓話で語る絵本として、 『 このくににひかりがみちるまで 』 の出版を目指し、
これからも精力的に頑張っていかれるそうなので、皆さん応援してあげて下さいね!

 
そして、展示最終日に行われた 『 お坊さんが語る、やさしくてきわどい原発の話。 』 、
こちらのトークイベントにご参加いただいた皆さんも、ありがとうございました!
ItalGabon_gallery-26GENPATSUEHONPROJECT-konokuninihikarigamichirumade07
テレビやラジオでもご活躍の 日蓮宗法華寺住職・杉若恵亮さん をゲストにお招きし、
原発にまつわる アレ や コレ やについて、たっぷりと語っていただきました。

お客様との距離も近く、質問や意見なども自由に交換していきながらの進行となり、
皆さん色んな角度で、 「 原発 」 について考えておられるのだなぁ... と感心。
ItalGabon_gallery-26GENPATSUEHONPROJECT-konokuninihikarigamichirumade08
途中、かなり きわどい 話も飛び出したりしましたが(笑)、何とか無事に (?) 終了。


今回の展示とトークイベントを通して、本当に様々な反応が見られました。
“ 原発絵本プロジェクト ” の活動が、少しでも多くの方に響いてくれていると良いなぁと思います。


* staff 1号 杏 *


関連記事

このくににひかりがみちるまで

2011年10月12日 15:38


2011.10.23 sun ~ 11.6 sun
『 原発絵本プロジェクト このくににひかりがみちるまで 』

ItalGabon_gallery-26GENPATSUEHONPROJECT-konokuninihikarigamichirumade01
「 原発が、なぜ日本に根付いてきたのか? 」
その歴史を、やさしい寓話で絵本に残すプロジェクトが “ 原発絵本プロジェクト ” です。
“ 原発絵本プロジェクト ” によって生まれた絵本 “ このくににひかりがみちるまで ” を
大きな立体パネルに起こし、店内の壁面に展示いたします。
また、会期中にはイベントなども行う予定です。 ぜひ、足をお運び下さい。


● ● ● ●    原発絵本プロジェクト    ● ● ● ●
3.11以降、多くの人が原子力発電の問題に関心をよせ、今も多くの情報が飛び交っていますが、
「 なぜ、この国は原発なしでは発展できないほど、原子力に依存する国になってきたのか? 」
と言うことについては、あまり語られる場面はありません。

半世紀もの長い時の流れの中で、じんわりと、紆余屈折を経ながら、
この国に原発が根付いてきた過程を描くことで、なぜ安全神話が生まれたのか、
なぜ フクシマ のような致命的な事故が起こったのか、子供達にも伝えてゆくため、
私達はこの “ 原発絵本プロジェクト ” を発足しました。

それは、これからこの国の原子力をどうしてゆくのか、どんな国を目指せば良いのかを、
自分の頭と、感性で考えるためのヒントになるのではないでしょうか。

未来のために過去を知る。
今までの、そしてこれからの、この国の 「 ひかり 」 との付き合い方を考えるために。

やさしい寓話 “ このくににひかりがみちるまで ” と一緒に、
この国の原発の歴史を、私達は伝えてゆきます。

ItalGabon_gallery-26GENPATSUEHONPROJECT-konokuninihikarigamichirumade02


文 : おの みゆき Ono Miyuki
1985年、東京生まれ。フリーライター・企画・PR。
場、人、文、いろいろなものを編んでいます。
学生時代 「 深夜特急 」 に憧れ、世界一周の一人旅に出る。
エジプトの海で死にかけたり、パレスチナでゴム弾に撃たれたり、
様々な体験をしながら22カ国を巡り、何とか生還する。
この世界一周一人旅の中で一番の思い出である
スペインの聖地巡礼について、いつか読み物を書きたい。
シェアハウス 「 まれびとハウス 」 立ち上げメンバーでもある。

絵 : hoxai graphics ( 市角 壮玄 Ichizumi Sougen )
webデザイナー・アートディレクター。
webや広告一般のデザインを幅広くやっています。
ノマドワーカー。週末は農家、趣味は料理。
デザインと料理の2つをツールに、人と関わっています。


関連記事

イラスト × 和菓子 =

2011年03月23日 00:41


3月前半に開催された イラスト × 和菓子 の可愛い 2人展 『 扉のむこうがわ 』
お蔭様で、無事、好評に終わる事ができました。 ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!


今回展示された作品達は、 『 扉のむこうがわ 』 に広がる物語がテーマ。

もりわきのぶこさん が イラスト を描き、そのイラストを基に enfantさん が 和菓子 を制作。
2人それぞれの方法でイメージを紡ぎ、 イラスト和菓子 、2つの作品を通して物語が表現されました。

ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa03ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa05ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa07
ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa04 ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa06 ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa08

ひとつずつ イラスト和菓子 を交互に見比べてみたり、 和菓子 をヒントに基となる イラスト を探してみたり、
皆さんそれぞれの見方で、展示を楽しまれていたのが印象的です。


また、今回の展示では、 もりわきのぶこさん による 短い物語 が書き添えられており、
以下の様に、まるで絵本を見る感覚で展示をご覧いただく事もできました♪

さかなつぼ
ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa14
わたしは星をひろって
おおきなつぼにひかりをともした
黄金色に輝くその水に
数えきれないほどのさかなのむれ

あめふりのあと
ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa15
あめふりのあとは
おおきな水の傘ができる
わたしはその傘の下で
きのうのあめのはなしをきいた


そして、会期中に行われた enfantさん による 和菓子ワークショップ も、終始和やかに進行され、
大人も子供も真剣そのもの、皆さん 和菓子作り に夢中になっておられましたよ!

ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa09ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa10
ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa11ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki-enfant-tobiranomukougawa12

それぞれの オリジナル和菓子 完成後は、 もりわきのぶこさん の チョコペイント が嬉しい、
enfantさん 特製どら焼き が参加者の皆さんに振る舞われ、お喋りしながら和気あいあいと試食会。

笑顔溢れる、とっても美味しいワークショップとなりました♪


何だか盛り沢山な 2人展 でしたが、皆さん、可愛らしい展示を楽しんでいただけたでしょうか?

今回の様に、違うジャンルで活躍されるお2人による 2人展 も面白いもんですね~。
また機会があれば、全く違ったジャンルの方達に コラボレーション していただきたいと思います。

今後も、カフェと共に、色んな展示やイベントをお楽しみ下さいませ!


* staff 1号 杏 *



関連記事

扉のむこうがわ

2011年02月26日 10:31


  3/1(日)より、 『 扉のむこうがわ 』 展が始まりますよ!

  今回の展示は、アイタルガボン初の “ 2人展 ” 。
  しかも、これまた初めてとなる “ 和菓子 ” も観賞できる、ちょっと面白い展示なのです♪


  昨年秋、 『 テーブルのうたう歌 』 で可愛い展示をして下さった もりわきのぶこさん が 、
  今回は 『 扉のむこうがわ 』 に広がる 物語 をテーマに、新たなイラストを描いて下さっています。

  その、もりわきのぶこさん の イラスト から得たインスピレーションを基にして、
  オリジナル和菓子職人の enfant ( アンファン ) さん が展示用の 和菓子 を創作。

  『 扉のむこうがわ 』 にある イラスト和菓子 ... ふたつの異なる表現から紡ぎだされる 物語 ...

  これは一体どんな空間に仕上がるのか、会場となる私達もワックワクで期待しております!


  また、会期中の 3/9(水) 16時からは、 enfant ( アンファン ) さん による 特別企画 、
  和菓子作りのワークショップ も開催しちゃいますよ~♪
  もちろん、 もりわきのぶこさん も参加、何らかの形で コラボレーション されるはず!

  和菓子 のお土産も付いて、なんと 500円ポッキリ の ワンコイン で楽しめちゃうんだから驚きです。
  とても簡単な作業らしいので、親子で参加ってのも良いと思いますよ~。

  先着 15名様 までご予約承っておりますので、お申し込みの際には是非お早めに!


  素敵な 物語 が溢れる店内、この機会に是非お楽しみ下さい。
  ( 入場無料、展示鑑賞のみでもOKです! )

  皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げます♪

* staff 1号 杏 *



moriwaki nobuko × enfant  exhibition
『 扉のむこうがわ 』  2011.3.1 tue ~ 3.14 tue

ItalGabon_gallery-NobukoMoriwaki×enfant-tobiranomukougawa01
( ※ 3/7(月) は 休業日 です )

もりわきのぶこ の イラスト
enfant ( アンファン ) の 和菓子 が
コラボレーション する 2人展

2人の作品が 交差 して 紡ぎだされる 物語 をお楽しみください



展示期間中は お菓子や関連雑貨の販売も予定しています


● ● ● ●  展示特別企画 enfantの和菓子ワークショップ  ● ● ● ●

enfant ( アンファン ) による 和菓子ワークショップを 開催いたします!
自分だけの オリジナル和菓子 を作ってみませんか?
作った和菓子はお持ち帰りいただける上、嬉しい 特製どら焼き のお土産付き!
これで、参加費用は嬉しい ワンコイン ( 500円! ) ですよ~♪
定員15名、先着順の早い者勝ちでご予約受付中! ( 要予約 )

【 日 時 】 2011年3月9日(水) 16時 ~ ( 1時間程度の予定 )
【 費 用 】 1人 500円 ( 和菓子付き )  【 定 員 】 先着 15名 様
【 予 約 】 電話 : 075-255-9053 / アイタルガボン店頭
メール : info@italgabon.com ( または salliemail@gmail.com 宛 )

定員になり次第、募集締切となります。お早めにご予約下さい。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


―  moriwaki nobuko もりわきのぶこ  ―
イラストレーター ・ デザイナー ・ restaurant DOLCH マダム )
自身の日常の小さな気づきから生まれる不思議な世界を描いています。
web site : http://dolch-the-cat.com/ / http://salicoo.net/
twitter : http://twitter.com/salicoo ( @salicoo )


―  enfant アンファン  ―
( オリジナル和菓子職人 )
オリジナルの和菓子を作り、お菓子でいろんな人とつながっていきたい、
楽しい事がしたい。 そんな思いで 「 enfant 」 は活動しています。
weblog : http://bestone.exblog.jp/
twitter : http://twitter.com/okatake03 ( @okatake03 )


関連記事

『 はざま 』 と “ 写真館 吉崎 ”

2011年02月10日 23:00


  ちょっと遅くなりましたが、吉崎孝介さんの写真展 『 はざま 』 の様子を少しご紹介~!

  1/23(日) ~ 2/6(日) までの2週間、お蔭様でたくさんの方にご来場いただく事ができ、
  忙しくも嬉しい展示期間となりました。 ご来場いただいた皆さん、誠にありがとうございました♪


  緑の壁にモノクロ写真がとても良く似合い、我ながら素敵な空間に仕上がったと思っております。
  写真展を知らずに来られたお客様の反応も良かった様に感じます。

     ItalGabon_gallery-hazama06 ItalGabon_gallery-hazama07
     ItalGabon_gallery-hazama08 ItalGabon_gallery-hazama05


  また、会期中に行われた撮影スタジオ “ 写真館 吉崎 ” 、こちらも大変ご好評いただき、
  お1人で、お2人で、ご家族でと、この機会にたくさんの方が記念撮影を楽しまれました。

  どのお客様も、何だか嬉しそうで恥ずかしそうで、ちょっと緊張した笑顔が印象的な、
  とってもアットホームで素敵な写真館。

     ItalGabon_gallery-hazama09
     ItalGabon_gallery-hazama11 ItalGabon_gallery-hazama10

  記念写真を撮影いただいた皆さん、手焼きプリントが仕上がるまで楽しみにお待ち下さいね!



  さてさて、以降、2月は展示の予定はありませんが、3件の素敵なイベントがあります。

   ● 2/13(日) Mizgame in St.Valentines's Day Live 残り席僅か!予約受付中!
    → 京都発・歌ものアコースティックトリオ “ 水瓶 ( みずがめ ) ” がやって来る!
       バレンタイン前日、スウィートな夕暮れライブはいかがでしょう?

   ● 2/19(土) 珈琲とデッサン 定員に達した為、予約受付終了しました
    → 参加者が交代でモデルになり、好きな画材で自由にデッサンを楽しむイベントです!
       デッサン後は、美味しい珈琲をいただきながら、ゆったりお喋りサロンタイム♪

   ● 2/27(日) ま め 市 12時~18時開催 入場無料
    → 豆ずきん作家・高田テルヨさんの闘病生活を応援すべく、彼女のアート仲間達が大集合!
       チャリティー市&投げ銭ライブを開催しますよ~。皆さんも応援して下さい!

  どれもこれもアイタルガボン初の試みで、自分達自身が非常に楽しみにしているイベントです。
  皆さんも、ぜひぜひ一緒に楽しんでやって下さいね~♪

* staff 1号 杏 *

関連記事

は ざ ま

2011年01月28日 23:29


はざま
世の中には 「 もの 」 や 「 こと 」 があり
そして、それぞれには 間 があり
この世の中には
その 「 もの 」 や 「 こと 」 よりも
その はざま の方が多数を占めている

ItalGabon_gallery-hazama03

はざま
それは 「 ま 」 であり
「 はざま 」 であり
「 あいだ 」 でもある

ItalGabon_gallery-hazama04

はざま
私は 街に住んでいる
そして 気が向くと 森へ入る
それはまるで 街の間に森が在る 様に感じる
けれど実際は 森々の間に街が在る に過ぎない

ItalGabon_gallery-hazama05

はざま
森と 街の 間 には
人間も 動物も 植物も 棲んでいる
そしてそこに在る全てが 平等に生きている
街は平等なのだろうか
人間しかいない 人間に造られた街
それは自然なのか 不自然なのか

吉崎孝介 写真展 『 はざま 』 写真と共に展示中の文章より


来週 2/6(日) まで 吉崎孝介 写真展 『 はざま 』 入場無料 にて開催中です。
期間中、日曜日と月曜日は 写真館 吉崎 もオープンしています。

鑑賞のみのご来店も歓迎しておりますので、お気軽にお立ち寄り下さいませ。

* staff 1号 杏 *

関連記事

写真館 吉崎

2011年01月23日 11:29


  本日より開催の 吉崎孝介 写真展 『 はざま 』 会期中 ( 1/23(日)~2/6(日) ) 、
  アイタルガボンの店内に “ 写真館 吉崎 ” 撮影スタジオが出現します!

  ご希望のお客様の 記念写真・家族写真 を、 館長 吉崎孝介 が撮影いたします♪

  撮影したお写真は、会期終了後に手焼きプリントにて仕上げ、ご自宅までお届けとなります。

  この機会に是非、大切な 人・時間・空気 を、モノクロの 銀塩写真 で残してみませんか?

* staff 1号 杏 *



  吉崎孝介 写真展 『 はざま 』  2011.1.23 sun ~ 2.6 sun
  ItalGabon_gallery-hazama01

  ● ● ● ● ●  写 真 館 吉 崎  ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

  会期中の日曜日と月曜日 ( 1/23(日)・24(月)・30(日)・31(月)・2/6(日) ) の 16時~18時 開館。

  アイタルガボン店内の 撮影スタジオ にて、 記念写真・家族写真 を撮影いたします。
  どうぞお気軽にお越し下さいませ。 ( ご予約・お申込み等は不要です )

  1枚 5000円 ・・・ モノクロ ・ 六つ切りサイズ ( 20.3㎝×25.4㎝ )・ 手焼きプリント ・ ブックマット込
  ※ 詳しくは、吉崎 もしくは 店内スタッフまでお問い合わせ下さい。

  ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●  館長 吉崎孝介  ● ● ●

関連記事

吉崎孝介 写真展 『 はざま 』

2011年01月21日 10:38


  1/23(日)より、 吉崎孝介 さんの写真展 『 はざま 』 が始まります!

  現在、カメラマンとしても仕事をされている吉崎さんなのですが、なんと、
  今回がご自身初の個展となるそうです!


  展示して下さる作品は15~20点、全てモノクロの 銀塩写真 です。

  カメラ付きの携帯電話を含め、誰でもデジタルカメラを持っている時代、
  日常で 銀塩写真 に触れる機会は本当に少なくなってしまいました。

  かつて 銀塩写真 に親しんだ世代の方にも、 銀塩写真 を知らない世代の方にも、
  この機会に是非、吉崎さんの作品をご覧いただければと思います。


  しかも、日曜日と月曜日の吉崎さん滞在時には、店内の一部をスタジオに早変わりさせ、
  家族写真・記念写真 の撮影会を開く予定なんです!
  ( 時間など、詳細は改めてご案内いたします... )

  夕方頃からご希望の方にお集まりいただき、約2時間くらいの撮影会になりそうかな?
  ご家族の皆さんで、大好きな恋人と、愉快な仲間達で、もちろんお1人様でも、
  どなたでもお気軽にご参加いただけます♪

  吉崎さんに撮影していただける、またとないチャンス!

  撮影した写真は、現像して後日ご自宅へお届けすることになると思いますので、
  実物が届くまでのドキドキワクワクな待ち時間も合わせ、ゆったり楽しんでいただきたいです。


  展示も撮影会も含め、なかなか面白い試み、他にはない貴重な空間となりそうですよ~♪
  皆さまのご来場を、心よりお待ち申し上げます!

* staff 1号 杏 *



吉崎孝介 写真展 『 はざま 』  2011.1.23 sun ~ 2.6 sun
ItalGabon_gallery-hazama01
日曜日と月曜日は作家滞在予定です ( ※ 1/25(火)・2/1(火) 休業日 )

「 間 ・ はざま 」 - 空間、時間という意味を指す
二つの事物の間は無限の広がりを持つ
それは目に見えるものであったり
見えないものであったり


吉崎孝介 Kousuke Yoshizaki
1981年東京生まれ。20歳頃よりカメラを持ち始める。
2009年より移り住んだ京都で写真の仕事を始める。
現在 “ BAR探偵 ” の店長を務めながらフリーカメラマンとして活動中。
swimy共同企画公募展 『 おんさ 』 2009年・2010年に参加。
アパレルブランド “ KATO ” 2009秋冬・2010春夏カタログの撮影に参加。

web site : Kousuke Yoshizaki / weblog : aura日記
twitter : @yszks ( kousuke yoshizaki )

関連記事


N e w t i t l e